バイオハザード5 オルタナティブエディション(PS3)プレイレビュー

当記事では、私が『バイオハザード5 オルタナティブエディション(PS3)』を実際にプレイした感想・レビュー、その他関連情報を紹介しています。

どんなゲーム?

バイオハザード5(BIOHAZARD 5、英題:RESIDENT EVIL 5)は、2009年3月5日にPlayStation 3、Xbox 360用ゲームソフトとして発売された、バイオハザードシリーズ第7作目に当たるホラーアクションアドベンチャーゲームです。

開発、販売は共にカプコンが行っています。

2010年2月18日に、PlayStation 3向けに以下のエピソードとコンテンツが追加されたバイオハザード5オルタナティブエディションが発売されました。

追加エピソード1「LOST IN NIGHTMARES」バイオハザード5本編の少し前に起きたクリスとジルガスペンサー邸へ突入するエピソード。
追加エピソード2「DESPERATE ESCAPE」バイオハザード5本編で自我を取り戻したジルがBSAA隊員ジョッシュ・ストーンと共に、トライセルの施設から脱出するエピソード
追加コンテンツ1「VERSUS」「THE MERCENARIES」のマップを使用して2〜4人でオンライン対戦を行うモード。
追加コンテンツ2「THE MERCENARIES REUNION」新たなキャラクターによるもう一つのマーセナリーズ。「THE MERCENARIES」とステージは同じだけど、操作キャラが一新し、アイテムや敵配置等が変更されています。

基本的には、バイオハザード4と同様のビハインドカメラによるサードパーソンシューティングライクなゲームとなっています。

バイオハザード4と違う所は、体術アクションが強化されている点と相棒シェバ・アローマと協力しながらプレーしていく所。

武器や弾薬は、相棒との間でいつでも融通し合えるようになっている他、相棒がピンチの時は助けたり、こちらがピンチの時は助けられたりしながらプレイを行うようになっています。

今作では、クリスとアルバート・ウェスカーとの洋館事件からの長きにわたる因縁にようやく終止符がうたれる、シリーズストーリー的には非常に重要な節目を迎える作品となっています。

  • 襲い掛かってくるプラーガに寄生された人々(マジニ)を銃や体術を駆使して倒しながら事件の真相を追う。
  • 本編は18時間程度でクリア可能。
  • 2つの追加エピソードも楽しめる

作品の時系列

バイオハザード5は、2004年の出来事「アシュリー・グラハム救出劇」を描いた「バイオハザード4」、2005年の出来事「クイーン・ゼノビア事件」を描いた「バイオハザード リベレーションズ」の次に位置する作品となります。

バイオハザード4からだと5年後の2009年3月の出来事を描いており、広大なアフリカの地が舞台となっています。

関連記事

当記事では、私が『バイオハザード4 (PS3)』を実際にプレイした感想・レビュー、その他関連情報を紹介しています。 どんなゲーム? 「バイオハザード4」は、2005年1月27日に任天堂ゲームキューブ用ソフトとして発売された[…]

追加エピソードの「LOST IN NIGHTMARES」は、本編の3年前となる2006年8月の出来事を描いています。

時系列をまとめると以下のようになります。

年代作品
2004年バイオハザード4
2005年バイオハザード リベレーションズ
2006年8月バイオハザード5 オルタナティブエディション
「LOST IN NIGHTMARES」
2009年3月バイオハザード5 オルタナティブエディション
「本編」/「DESPERATE ESCAPE」

プロローグ

アンブレラ崩壊により世界中に生物兵器が拡散し、バイオテロに人々が恐怖する社会。

クリスレッドフィールドが参加していた私設対バイオハザード部隊は、クイーンゼノビア事件(バイオハザードリベレーション)を受けて国連直轄の機関に再編さていた。

クリスは、生物兵器の闇取引があるとの情報を受け、密売人の身柄を拘束すべく、そしてある噂の真相を確かめるべくアフリカ西部のキジュジュ自治区に訪れていた。

クリスは現地のBSAAエージェントであるシェバ・アローマとともに闇取引の捜査を始めるのだが、突然村人たちに襲われる事になる。

プレイしてみた感想

バイオハザードではなく数あるTPSの1つという感じ

バイオハザード4から従来のバイオハザード路線をごろっと変えたわけですが、バイオハザード5では、もはやそこら辺のTPS(サードパーソンシューティング)ゲームの1つという感じです。

敵がうじゃうじゃ出てくるので、シューティング性、アクション性が非常に高くなっています。

また、ほとんど一方通行のステージ進行でさくさくゲームを進めていくことが出来ます。

正直バイオハザード的な怖さはまったくありませんが、これはこれでそこそこ楽しむことが出来ました。

最初は操作に戸惑った

デフォルトは基本バイオハザード4と同じような操作方法になっています。

バイオ4の操作は結構慣れていたのですが、しばらく時間が空いたせいか、非常に操作しずらかったです。

視野角が狭いのも操作のしにくさを助長しています。

それで、他の操作方法に変更してみたのですがどうもしっくりこず。

結局デフォルトの設定に戻してプレイしてたら、いつの間にか慣れていました。

バイオハザード5では、操作タイプを4種類から選択する事が出来るので、どうしても操作しにくい場合は別の操作タイプに変更してみるといいでしょう。

全体的に敵が固い

敵が硬すぎて初期の強化していない武器では、敵がなかなか死んでくれません。

ハンドガンだと何発も食らわせる必要があり、ばっさばさ倒す爽快感はあんまり感じられませんね。

敵に囲まれていない時は、ひるませて体術で倒したり、うじゃうじゃいるときはドラム缶などの爆発オブジェクトを有効活用するのがおすすめ。

協力プレイは斬新だがおバカなAIは邪魔でしかない

バイオハザード5では、終始ツーマンセル(二人組)でゲームを進めるようになっています。

で、ソロプレイだと相棒の操作をAIが担当するわけですが、進行方向にかぶってきて進むのに邪魔だったり、弾を無駄うちするわ、相棒が死ぬとゲームオーバーになるわで結構うっとおしいです。

相棒とアイテム交換ができるのは結構便利だし、斬新なシステムではあるのですが、いかんせんAIの頭が悪すぎるので完全ソロでプレイしたほうがましです。

家族や友達と一緒にオフライン協力プレイすると楽しいかもしれません。

オンライン協力プレイも行うことが出来ます。

条件つけずに協力プレイを募集しているホストを検索してみてましたが、数人プレーヤーが表示されていたので、一応2020年10月13日現在においてもオンライン協力プレイは可能です。

ちなみに私は、オンライン協力プレイはしていません。

謎解きもあるが簡単すぎ

謎解きっぽいステージも一応あるにはあるのですが、特に頭を使うことなくクリアできてしまいます。

アンチャーテッドみたいな仕掛けを動かすステージ1つあるくらい。

謎解き要素は期待しないほうがいいです。

本編ボリュームは丁度良い

バイオハザード5 本編のボリュームは、長すぎでもなく短すぎでもなく丁度いい感じです。

私の初回トータルプレイ時間は18:22:53でした。

バイオハザード5 オルタナティブエディションには、追加エピソードが2つもあるので、本編をクリアしてもまだまだ楽しめます。

マーセナリーズが難しい

私がへたなだけだと思いますが、マーセナリーズが結構難しかったです。

あまりやりこむ時間もないので、なかなか思うように上達せず挫折しています。

時間がある方は、やりこんで腕を上げれば楽しめるのではないかと思います。

追加エピソード「LOST IN NIGHTMARES」はバイオハザードらしい作品

追加エピソードの「LOST IN NIGHTMARES」は、ジルとクリスによるアンブレラ総帥「オズウェル・E・スペンサー」逮捕作戦を描いたエピソードです。

舞台が洋館なので、まるでバイオハザード1の洋館事件を思い出させるような雰囲気が味わえ、本編よりバイオハザードらしいゲームになっています。

さらに、スタート地点のホール入口の扉を3回調べると旧バイオ風の固定視点に変更する事が出来るので、本来のバイオハザードの雰囲気で楽しむこともできちゃうんです。

私も一度試してみましたが、操作がめんどくさかったです。なのですぐに普通の操作に戻しました。

本来のバイオハザードっぽい雰囲気を味わえますが、ゲームボリュームは非常に短く、恐怖感も少な目でさくっとクリアする事が出来ます。

私のクリアタイムは1:19:49でした。

ウェスカーとクリスのバトルムービーはなかなか良かったです。

追加エピソード「DESPERATE ESCAPE」はやりごたえ充分

追加エピソードの「DESPERATE ESCAPE」は、クリストシェバの救援に駆け付けたBSAA隊員のジョッシュ・ストーンと正気に戻ったジルが施設からの脱出を行うエピソードです。

このエピソードは、敵の無限湧きステージなのかと間違うぐらいとにかく敵がうじゃうじゃ出てきます。

なので、こちらはこちらで結構やりごたえがあり、それなりに楽しめました。

こちらはクリアに数時間かかると思います。

総評

俺的評価レベルは★3つです。

バイオ的な恐怖感を味わうことは出来ませんが、アクションアドベンチャー的シューティングゲームとしてそこそこ楽しめました。

バイオハザード5では、クリス・レッドフィールドとアルバート・ウェスカーとの初代バイオハザードから続く長きにわたる因縁にようやく決着がつきます。

初代バイオハザードの頃とは別物のゲームになっているとはいえ、バイオハザードの歴史的には1つの区切りとなる非常に重要な作品となるので、バイオファンなら絶対にプレイする事をお勧めしたいですね。

中古相場

「バイオハザード5 オルタナティブエディション(PS3)」の2020年10月14日現在の中古価格・値段(送料込み)については以下の通りです(個人調べ)。

価格はケース・ソフト・説明書が揃っているものを対象に調査しています

価格はケース・ソフト・説明書が揃っているものを対象に調査しています

販売プラットフォームthe Best版通常版
Amazonマーケットプレイス348円~351円~
メルカリ300円~300円~
ラクマ490円~500円~
PayPayフリマ500円~889円~
バイオハザード5 オルタナティブエディション(PS3)の中古価格・値段

販売パッケージ・タイトル一覧

バイオハザード5がプレイ可能な販売パッケージ・タイトルは以下の通りです。

販売パッケージ対応ハード発売日
バイオハザード5(PS3)Playstation 32009年3月5日
バイオハザード5(XBox 360)XBox 3602009年3月5日
バイオハザード5(PC)WindowsXP/Vista2009年9月17日
バイオハザード5 Xbox 360 プラチナコレクション
※廉価版
XBox 3602010年2月18日
バイオハザード5 オルタナティブ・エディション(PS3)Playstation 32010年2月18日
バイオハザード5 オルタナティブ エディション PlayStation 3 the BestPlaystation 32010年11月11日
バイオハザード5 オルタナティブ エディション バイオハザード リバイバルセレクション ツインパックPlaystation 32012年3月15日
バイオハザード5 オルタナティブ エディション バイオハザード リバイバルセレクション ツインパック 廉価版Playstation 32013年6月27日
バイオハザード5(Steam)Windows 72015年4月1日
Resident Evil 5 Gold Edition(Steam)
※バイオハザード オルタナティブエディションに該当
Windows 72015年4月1日
バイオハザードトリプルパック(PS3)Playstation 32015年4月2日
バイオハザード5(XBox One)XBox One2016年6月28日
バイオハザード5(PS4)Playstation 42016年12月1日
バイオハザード バリューパック(PS4)Playstation 42018年12月13日
バイオハザード5(Switch)Nintendo Switch2019年10月31日
バイオハザードトリプルパック(Switch)
※ダウンロード番号の有効期限:2019年10月31日(木)~2021年10月31日(日)
Nintendo Switch2019年10月31日
BIOHAZARD TRIPLE PACK - PS3

BIOHAZARD TRIPLE PACK – PS3

Amazonの情報を掲載しています

バイオハザード関連のレビュー一覧

関連記事

当記事では、私が『バイオハザード4 (PS3)』を実際にプレイした感想・レビュー、その他関連情報を紹介しています。 どんなゲーム? 「バイオハザード4」は、2005年1月27日に任天堂ゲームキューブ用ソフトとして発売された[…]

関連記事

当記事では、私が『バイオハザード CODE:Veronica (PS3)』を実際にプレイした感想・レビュー、その他関連情報を紹介しています。 どんなゲーム? 「バイオハザード CODE:Veronica(バイオハザード コ[…]

関連記事

当記事では、私が『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ-PS3』を実際にプレイした感想・レビュー、その他関連情報を紹介しています。 どんなゲーム? バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ (BIOHAZA[…]