PS3(CECH-2000A)のピックアップレンズを掃除する方法

PS3でディスクを読み込まなくなった時は、ブルーレイドライブのピックアップレンズを掃除することで治ることがあります。

ここでは、PS3のCECH-2000Aというモデルの分解方法及びDVD・ブルーレイドライブのピックアップレンズのクリーニング方法を解説します。

準備するもの

PS3を分解及びピックアップレンズの掃除を行うにあたって以下のものを事前に準備しておきましょう。

  • 綿棒
  • 無水エタノール
  • ドライバー(太いものと細いもの)
  • T8トルクスドライバー

綿棒

綿棒はなんでもよいです。以下の商品は2個パックでお得。

スゴふわっ綿棒 110本×2個パック

スゴふわっ綿棒 110本×2個パック

493円(10/06 07:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

無水エタノール

2020年4月28日現在、新型コロナウイルスの影響で、無水エタノールの価格が高騰、及び在庫不足により非常に入手しにくい状況になっています。

以下であれば、まだ安く購入できます。手作り化粧品用となっていますが普通に掃除用として使用できると思います。

ドライバー

太めのドライバーと細めのドライバーを用意しよう。

精密ドライバーセットがあると便利

フジ矢 精密ドライバーセット(6本組) FPD-6S

フジ矢 精密ドライバーセット(6本組) FPD-6S

1,180円(10/06 07:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

T8トルクスドライバー

PS3の分解にはT8トルクスドライバーが必要なので用意しておこう。

以下のようなトルクスドライバー付きの精密ドライバーセットを購入するのも手。

PS3(CECH-2000A)の分解方法

まず、PS3を裏返し、以下の部分の封印シールを剥がしましょう。

すると、シールの下に隠れていたネジカバーが出てきます。

下写真の赤枠部分にあるカバーを全て外します。ちなみに中古で購入した私のPS3は、右端部分のカバーがなくなっていました。

すると、以下のように筐体を止めているねじが現れます。この7か所のねじを大き目のプラスドライバーを使って外します。

次に、以下の赤枠3か所のねじを外します。この3か所のねじはトルクスネジとなっており普通のドライバーでは外せません。T8のトルクスドライバーを用意してねじを外してください。

先ほどのねじを外した時点でPS3の筐体を外すことが出来ます。筐体を外した状態が以下の写真。

下の写真の黄色い部分が電源ユニットになります。まずはこの電源ユニットを外していきます。

赤枠で囲んだ2カ所のコネクターを外しましょう。

コネクターを外したら、左側コネクタの近くにあるねじを外します。

次に右側のコネクタ近くのねじも外します。

電源ユニットを上に持ち上げれば、電源ユニットを外すことが出来ます。

次に黄色枠の光学ドライブ部分を外していきます。3つの赤枠の部分(ねじ1つとコネクタ2つ)を外します。

以下のように赤枠のねじとコネクタを外したら、黄色い光学ドライブ部分を真上に持ち上げます。

すると以下のように光学ドライブ部分が外れます。

ここからは、取りはずした光学ドライブを分解していきます。

光学ドライブの赤枠3か所のねじをプラスドライバで外します。

光学ドライブを裏返して、赤枠2カ所のねじをプラスドライバで外します。

再度裏返して、以下の赤枠部分のコネクタを外します。

以下のようにコネクタ部分を外したら、光学ドライブのカバーを外すことができます。

以下のように光学ドライブのカバーを外したら、赤枠の所にある丸い部品も外しておきます。

丸い部分は乗っかっているだけなので簡単に外せます。

さらに光学ドライブを分解していきます。赤枠3か所にあるねじをプラスドライバーを使って外します。

光学ドライブの横にある黄色枠の部分の黒いシールを剥がします。後で再度張り直すので剥がしたシールは取っておいてください。

黒いシールを剥がしたら、以下のようにカバーが外れます。

以下、赤枠3か所のコネクタを外して黄色枠の爪を押しながら基盤を上に持ち上げます。

赤枠4カ所部分のねじをプラスドライバーで外せば、ピックアップレンズユニットを外すことが出来ます。

以下の写真が、取り外したピックアップレンズユニットになります。

写真には写っていませんが(写真を撮り忘れました)、赤枠のコネクタ部分から上の写真に写っている基盤が繋がっているので邪魔ならコネクタから外して下さい。

私は外しましたが、今から思えば外す必要はなかったと思っています。

肝心のピックアップレンズはどこかというと、黄色枠で囲まれた部分です。多分上の丸いのがDVD用、下の青っぽいのがブルーレイ用のピックアップレンズだと思われます。

この2つのピックアップレンズをエタノールを極少量しみこませた綿棒で優しく丁寧にふきふきしてください。

エタノールはつけすぎないように注意しましょう。また拭いた後は液を付けてない乾いた方の綿棒の先できれいにふき取ってください。

綿棒での掃除が済んだら、これまで行ってきた手順を逆戻ししてPS3を元通りに組み立て直せば完了です。

組み立て後、PS3が問題なく動作するかを確認しましょう。

ピックアップレンズを清掃しても読み込めないままであれば、Amazonで交換用ピックアップレンズを調達して試してみるしかないですね。

最後に

私が中古で購入したPS3は、特定のゲームディスクを読み込めない症状が出ていたのですが、PS3のピックアップレンズを掃除する事で完全に正常動作するPS3に復活しました。

PS3でディスクが読み込まれないといった現象に困っている人は是非ピックアップレンズの掃除にチャレンジしてみてください。

PS3メンテナンスの最新記事8件